ビルトイン食洗機を撤去して収納に変えることは可能?収納に変えるメリットと工事の注意点を紹介


皆さん、こんにちは。東京都世田谷区を拠点として、リフォーム・リノベーション工事や新築工事を手掛ける川津工務店株式会社です。


ビルトイン食洗機は時短家電として人気ですが、長年使用すると不具合が発生し、修理や交換が必要になります。このタイミングで食洗機を使用しなくなるケースは多いでしょう。もしくはライフスタイルが変化して、食洗機が必要なくなったというケースもあります。


使用していないビルトイン食洗機は撤去し、収納スペースとして有効活用しませんか?今回は、ビルトイン食洗機を収納に変えるメリットや工事する際の注意点について詳しくご紹介します。




■ビルトイン食洗機を撤去して、収納変えることは可能か



結論から申し上げますと、ビルトイン食洗機を撤去し、収納に変えることは可能です。

使用環境やお手入れ方法によっても異なるので、あくまでも目安ですが、ビルトイン食洗機の耐用年数は約10年だといわれています。場合によっては異音や水漏れ、食器の洗い残しなどさまざまなトラブルが発生し、10年未満で交換しなければならないケースもあります。

使用期間が短い場合や部品がある場合は、修理をして使い続けることも選択肢の一つでしょう。使用年数が10年以上、もしくは繰り返し不具合が生じている場合は交換が必要です。


ビルトイン食洗機は時短家電として便利ですが、定期的なメンテナンスが負担となったり、ライフスタイルの変化によって使用しなくなったりするご家庭は多いでしょう。

必要がないビルトイン食洗機は思い切って撤去し、収納に変えることをおすすめします。収納スペースとして使用した方が、キッチンの使い勝手が良くなります。




■収納に変えるメリット


では、ビルトイン食洗機を撤去し、収納に変えた場合はどのようなメリットが得られるのでしょうか。



・収納スペースが増える

ビルトイン食洗機のスペースがそのまま収納スペースとして使用できるのは、大きなメリットではないでしょうか。キッチンでは、多くのものを使用します。物が多ければ多いほど、見栄えも使い勝手も悪くなるため、少しでも多くの収納スペースを確保したいところです。


収納スペースが増えれば家事がしやすくなり、物が多くなりがちなキッチンもスッキリとまとまります。使えるスペースを無駄にしておくのはもったいないですよね。限られたスペースを上手に使いましょう。



・衛生的

使用していないビルトイン食洗機を撤去することで、衛生的になるというメリットもあります。食洗機は水を使用するため、そのまま放置していると衛生的に問題があります。例えば、カビや下水臭の発生、虫の侵入というさまざまなトラブルが発生する可能性があるのです。

衛生を保つためにも、必要ない食洗機は放っておかずに撤去した方がいいでしょう。




■撤去後はどんな収納にできる?



ビルトイン食洗機を撤去した後は、さまざまな収納に変えることができます。ここからは、施工例をいくつかご紹介します。

専門業者に依頼する際は、どのように使用したいのかイメージしておくといいでしょう。使用目的を明確にすることで、理想の空間に近づけることができるからです。

ただし、キッチンによっては施工できない収納もあるので専門業者に確認してみましょう。



・開き扉

ビルトイン食洗機の撤去後は、開き扉をつけた収納スペースとして使用してみてはいかがでしょうか。設置されていた食洗機のタイプにもよりますが、電源を有効活用し、コンセントを設置することもできます。コンセントの設置については、専門業者に相談してみましょう。



・オープンスペース

ビルトイン食洗機の場所をオープンスペースとして利用することもできます。オープンスペースは扉がないため、収納しているものが見やすく、取り出すことも簡単です。用途は問わず、自由にスペースを使うことができます。



・キッチンキャビネット

キッチンキャビネットに変更することもできます。ビルトイン食洗機のタイプによって、2段引き出しキャビネット、3段引き出しキャビネットなどが設置可能です。



・引き出し式ダストボックス

引き出し式ダストボックスという選択肢もあります。食洗機があった場所にゴミ箱を収納することにより、キッチンがスッキリとして清潔感がでます。




■ビルトイン食洗機を撤去する際の注意点


ビルトイン食洗機を撤去する際は、いくつか注意しなければならないことがあります。



・専門業者でなければ時間と手間がかかる

ビルトイン食洗機はご自身で撤去したいという方もいるのではないでしょうか。

撤去作業は複雑なので、一般の方がビルトイン食洗機の撤去をするのは難しいでしょう。給排水配管を取り外す作業では、残り水が出て周囲を汚したり、感電事故が発生したりといったトラブルが発生する可能性があります。食洗機は重量もあるので、床に傷をつけたり、足に落として骨折したりする危険性もあるので、取り扱いには注意が必要です。

ビルトイン食洗機の撤去は、専門の知識がなければ時間と手間がかかります。誰でも簡単に撤去できるわけではないのです。



・食洗機の撤去は専門業者に依頼する

撤去は専門業者に依頼しましょう。ビルトイン食洗機の設置や交換作業は、第一種電気工事士や第二種電気工事士、給水装置設置技術主任者などの資格をもっていることが推奨されています。無資格でも作業することはできますが、水や電気に関わる工事は危険性が高いので、事故防止のためにも、専門業者に依頼した方が賢明です。

撤去した食洗機の処分にも注意が必要です。自治体毎に処分方法が異なるので、ルールに沿って処分しなければなりません。自治体によってはビルトイン食洗機の処分を受け付けていないこともあります。


また、撤去後の工事についても、専門業者に依頼した方が機能的で仕上がりも綺麗です。既存のキッチンに合わせて違和感なく、収納スペースを設置することができます。




■まとめ


使用しないビルトイン食洗機は撤去し、収納に変えることができます。収納スペースとして使うことでキッチンがスッキリとまとまり、家事がしやすくなります。また食洗機をそのまま放置していると衛生的に問題があるため、撤去によって清潔に保てるというメリットもあるのです。

ビルトイン食洗機の撤去後は、開き扉やオープンスペースなどさまざまな収納として使用することが可能です。一般の方が食洗機の撤去や処分をするのは難しいので、専門業者に相談するといいでしょう。専門業者であれば安全に撤去できるだけではなく、機能的かつ仕上がりも綺麗です。




■新築から小さな住まいのお悩み事まで川津工務店にお任せください!



川津工務店株式会社は、東京都世田谷区を拠点として、リフォームや新築工事を手掛けている地域密着型の会社です。


内装や水まわり、壁や屋根の修理、フルリノベーションまで、大小問わず幅広い内装リフォームを承ります。お客様のご要望をイチバンに考え、プラン、仕様、提案から施工まで一貫して対応しております。アフターフォローも万全です。

弊社には、豊富な経験と確かな技術をもつ職人が多数在籍しており、理想を叶える快適な空間づくりを全力でサポートさせていただきます。

家の建築だけではなく、住まいのさまざまな不具合への対応やライフスタイルに合わせたリフォームまで、些細なお悩みにも誠意をもって施工いたします。

地域に根ざす 「住まいの萬屋」 として貢献しますので、お困りごとは何でもご相談ください。



▼関連記事▼

》築50年の家はリフォームか建て替えかどっちがいい?メリットや注意すべきポイントを徹底解説!


》あなたの家にも宅配ボックスが設置できるかも?補助金の対象となる住宅の種類や条件を紹介


》結露で困っている人必見!結露しやすい部屋の原因と対策とは


》フロアコーティングは必要ないというのは間違い?コーティングのメリットと重要性を紹介


》ウォークインクローゼットで失敗しないためにチェックすべきポイントとは?


》小上がり畳コーナーは本当に必要?後悔しないために知っておきたいメリット・デメリット



▼施工事例はこちら