玄関は家の顔!玄関框の交換工事!

 

東京都世田谷区で店舗工事やリノベーション工事、リフォーム工事を自社設計・自社施工・自社管理で行なっております川津工務店です。


今回は半地下の木造戸建ての玄関框が湿気のため剥がれてきているので交換したいとのご依頼。


半地下の戸建ては地域により建物の斜線規制のためよく見られます。特に多いのは建売住宅で見られる事が多いように感じます。

半地下の場合どうしても湿気がたまり今回のように湿気で家の顔でもある玄関框が剥がれると行った症状や時にはフローリング等にカビが発生する場合もあります。


買われる際には換気機能がしっかり設置されているかどうかも重要なチェックポイントになるかと思います。


今回出来るだけ下地を床から浮かしカビが発生しにくい工夫をしリフォーム框で仕上げました。

リフォーム框はその名の通りリフォーム等に使用する事が多く、付け框や本框に比べると安価での施工が可能になり突き板やシートで表面を仕上げているので種類も豊富でご自分の好みの色味でお客様を迎えられます。


日本は雨季があり湿気から換気する目的で土間を下げ玄関框を設置している事も一つの要因でもあります。

最近は玄関土間モルタル金ゴテ仕上げが流行っており框も設けず段差なしのフラットでの玄関もありますが、玄関框を設ける事で湿気対策や換気も出来ている事も知っておいてください。



弊社では施工にあたり工事にあたりメリットやデメリットのご説明もしっかりとお伝えしお客様にご満足頂けるよう努めております。


川津工務店では

お客様のご要望に寄り添った、

適切なプランニング、施工を行い、

皆様の住まいをより素敵に、

快適な住まい作りに

お力添えできますよう

皆様の『住まいの萬屋』として

昨日よりほんの少し良い明日を

お届けできるよう

日々心がけて参ります。


(はじめての方へ)

https://www.kawatsukoumuten.com/consideration


川津工務店で行った事例はこちらです。

(施工事例)

https://www.kawatsukoumuten.com/works/house?tag=896