国内3大メーカー、TOTO・Panasonic・LIXILの魅力的なシステムバスを紹介

 


ここ最近は、すっかり家にいる時間が長くなりました。まだまだこの生活が続きそうな今、住宅設備を見直して、より充実した「おうち時間」を過ごしてみてはいかがでしょうか。今回は、国内3大メーカーであるTOTO・Panasonic・LIXILの製品から、ゆったりと快適な入浴を楽しめるユニットバスをご紹介します。




■システムバスルーム シンラ(SYNLA)-TOTO-



上質で心休まる、穏やかな時間をもたらすシステムバスルームです。マンションリモデル用戸建住宅用があり、人工大理石の「ファーストクラス浴槽」は、滑らかな曲線とパールのような光沢が特徴。人間工学を応用した「4点支持」の形状により、体を支える負担を軽減し、とてもリラックスした姿勢で入浴できます。断熱構造の「魔法びん浴槽」のおかげで、お湯の温度も長時間保つことが可能です。



そして、シンラの何よりのお楽しみは、ジェットバスシステム「楽湯」。最適な位置に設置された「肩楽湯」と「腰楽湯」は、合計で毎分135Lという大流量のお湯を浴びせ、身も心もほどけるような刺激を与えてくれます。ジェットバスの強さは3段階に調節でき、お湯は循環方式のため無駄なく利用可能です。


(写真参照:file:///C:/Users/m.ikeda/Downloads/0103_04701912_P305_310.pdf)


さらに、2モードに切替可能な「オーバーヘッドシャワー」も用意。水に空気を含ませた大粒のシャワー「エアイン」と、途切れのない柱状の打たせ湯「ウォームピラー」の2つをお楽しみください。4つの調光・調色システムも合わせれば、時間の変化や気分に合わせてバスルームを演出し、自分だけのバスタイムを満喫できます。




■Lクラス バスルーム Panasonic(パナソニック)


Panasonicの水まわり住宅設備の中でも、最上位シリーズに位置づけられる「Lクラス」のバスルームです。酸素を含んだミクロの泡を生み出すシステム「酸素美泡湯」は、入浴剤を使わなくても高い洗浄力を発揮する優れもの。約39℃のぬる湯でも、身体をしっかり温めるので湯冷めしにくく、モイスチャー効果でお肌のしっとり感も長続きします。


また、音楽を聴きながらゆったりと入浴を楽しむ方も多いでしょう。そのような方におすすめなのが「シーリングバスオーディオ」。天井点検口フタを振動させることで、バスルーム全体を包み込むような臨場感あるサウンドが流れ、浴室がまるでオーディオルームのような空間に変わります。操作はスマートフォンやタブレットから可能なので簡単です。


もちろん、お風呂にとって重要なお手入れのしやすさも忘れていません。有機ガラス系の素材を使った「スゴピカ浴槽」は、水や汚れをはじくため汚れにくく、お手入れも簡単です。しっかりした厚みと硬さ、滑らかな肌触りによって、体を預けた時の心地よさも抜群。「カビシャット暖房換気乾燥機」も、ボタン1つで浴室全体を効率よく乾燥させてくれます。




■SPAGE (スパージュ) -LIXIL(リクシル)-


「お風呂を愛する国の、バスルーム」をテーマにしたシステムバスルームです。搭載機能の1つ「アクアフィール」は、優しいお湯をまとうかのような新感覚の肩湯。肌をなでるようなお湯の感触が味わえるだけでなく、少ない湯量でも肩までつかっているかのように全身が温まります。あえてお湯を少なめに入れ、半身浴と全身浴のよさを同時に楽しんでもいいでしょう。



また、気泡を含まないジェットバス「サイレントジェット」は、名前通りとても静かなのが魅力。十分な水流を生み出しつつも音を出さないので、心地よい刺激を静かに味わえ、マンションでも階下への騒音を気にすることなく楽しめます。「アクアタワー」の打たせ湯機能もあわせて使えば、身も心もほぐれるでしょう。



さらに、全身をさっぱりと洗い流したい時は、アクアタワーのオーバーヘッドシャワー機能を使うのがおすすめ。どの位置を向いても全身を包み込んでくれるような、ボリューム感のあるお湯の広がりを体験でき、贅沢なシャワータイムを楽しめます。アクアシアターやフルデジタルサウンドシステムといったオプションも充実しているので、自分だけのバスルームを作りましょう。




東京都世田谷区川津工務店は、マンションや戸建てのリフォームを承っております。バスルームのリフォームはもちろん、家全体のリノベーションや設備交換、オリジナル家具の製作や店舗の工事も可能です。どんな小さな工事でも喜んでお力になりますので、お気軽にお問い合わせください!


弊社では店舗などはもちろん戸建てやマンションなどのリフォームも多くの実績がございます。


施工事例はこちら

https://www.kawatsukoumuten.com/works/house