世田谷区でリフォーム補助金を受け取ろう!対象になる工事や申請の流れなども解説

 


家の老朽化が目立ってきたり、機能面の不満が増えてきたりした時は、リフォーム・リノベーションを行う必要があります。しかし、リフォームには少なからず費用がかかるため、実現できない方もいるでしょう。そのような時におすすめなのが、自治体の補助金を利用する方法です。今回は、東京都世田谷区の補助金の内容や手続きの流れを解説します。




■世田谷区では、環境に配慮したリフォームで補助金が受け取れる



世田谷区では、家のリフォームをする時にさまざまな補助金を受け取ることができます。もちろん、受給するためには一定の条件を満たしていなければなりません。数ある補助金の中でも、特に利用できるケースが多いのが「世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金」です。


この補助金は名前通り、環境に配慮した住宅へリノベーションをする方を援助し、より環境に優しく過ごしやすい街を作ることを目的としています。そのため、対象となるのは断熱性能アップや節水に関わる工事です。令和2年度は、以下の工事が対象となっています。


ア、外壁等の断熱改修(断熱材を使用した外壁、床及び屋根若しくは天井の改修工事)

イ、窓の断熱改修(二重窓、二重サッシの取付け)

ウ、窓の断熱改修(複層ガラスの取付け)

エ、屋根の断熱改修(高反射率塗装)

オ、太陽熱ソーラーシステム、又は太陽熱温水器の設置

カ、高断熱浴槽の設置

キ、分譲マンション共用部改修(LED照明器具設置)

ク、分譲マンション共用部改修(段差解消や手すり取付け)


また、上記の工事と併せて行う場合に限り、以下の工事も対象となります。


ケ、節水トイレの設置

コ、高効率給湯器の設置

サ、住宅の外壁改修


いずれも住宅のバージョンアップとしてよく行われる工事なので、多くの方が補助金を受け取れるでしょう。具体的な金額は、ルールがやや複雑ですが以下のようになっています。


・住宅リノベーション工事を単独で行うとき

アからオ、キ、ク、サ:工事経費の10%まで

カ、ケ、コ(1台について):節水トイレ1万8,000円、高断熱浴槽7万円、高効率給湯機2万円

※合計20万円が上限


・区の耐震改修工事の助成と併せて行うとき

アからオ、キ、ク、サ:工事経費の20%まで

カ、ケ、コ(1台について):単独の場合と同じ

※合計40万円が上限


なお、補助金の申請には期限があり、令和2年度は令和3年2月までに申請する必要があります。さらに、工事は補助金交付決定後に着工し、令和3年2月末までに完了しなければなりません。予算の範囲内で行っている事業のため、希望者が多ければ期日より前に終了する可能性がありますから、早めに申し込みましょう。




■住宅リノベーション補助金の申請手続きの流れ


次は、実際の申請の流れを見ていきましょう。まずやっておきたいのは、自分が補助金を受け取れるかどうかの確認です。補助金を受給するには、以下の9つの条件をすべて満たしている必要があります。


1.世田谷区に住民登録があること。(申請者が分譲マンション管理組合の場合を除く)

2.特別区民税の滞納がないこと。(申請者が分譲マンション管理組合の場合を除く)

3.先に解説した改修工事のいずれかを実施し、機器類の種類、評価基準等などを満たしていること。

4.建築基準法令に適合している建物であること。

5.耐震性の確認ができること。(昭和56年6月1日以後に建築確認を行った住宅)

6.区の他の補助金を受けていないこと。(耐震改修助成を除く)

7.これまでに、この補助金を受けていないこと。

8.区内に本店、又は支店などを置く施工業者(個人事業者を含む)と契約し、施工すること。

9.建物の所有権を有する者が複数の場合は、当該所有権を有する者全員の同意を得ていること。


少し注意が必要なのは6と7、そして8でしょう。他の補助金と併用することはできず、この補助金を何度も利用することもできないわけです。また、世田谷区に拠点のない業者に依頼することもできません。正確に確認するため、申請前に区役所を訪問するか、電話をして相談しましょう。そして、申請の流れは以下のようになっています。


1.相談・見積もり

区内に本店、支店のある施工業者に相談し、見積もりを出してもらいます。


2.交付申請書提出

必要な書類をそろえ、区役所の窓口で申請を行います。


3.審査

交付が妥当かどうか審査を行います。結果が出るまで2週間ほどかかります。


4.交付決定

交付が決定したら、交付決定通知書が送られてきます。


5.契約

施工業者と正式に契約を結びます。


6.契約書の写し提出

区役所に契約書の写しを提出し、確認してもらいます。


7.工事

工事を実行します。施工前・施工中・施工後の写真が必要なので、撮影を忘れないでください。大抵は業者が行ってくれます。


8.完了届提出

区役所に完了の報告をし、施工中・施工後の写真や領収書の写しも併せて提出します。


9.審査

写真や領収書を元に、改めて審査が行われます。見積書と領収書の金額が異なる時などは、問い合わせが来る場合があるのでご注意ください。


10.交付額決定

審査に通ったら、交付額決定通知書が送られてきます。


11.請求書提出

補助金の振り込みを申請します。交付額決定通知書から1ヶ月以内が期限なので、早めに動きましょう。


12.補助金の支払い

指定の口座に補助金が振り込まれます。


このうち、最も面倒に感じるのは、各種書類の提出ではないでしょうか。たとえば2の段階では、交付申請書や改修工事等の図面など、多くの書類を提出する必要があります。しかし実際には、施工業者に代理提出を依頼することも可能です。この点も併せて業者に相談してみるといいでしょう。




■世田谷区で受給できるその他の補助金


世田谷区には、この他にも多くの補助金があります。人によっては、住宅リノベーション補助金より役立つかもしれません。特に注目しておきたいのが、耐震化に関する補助金です。主なものを挙げてみましょう。


・木造住宅耐震化支援事業

・非木造建築物の耐震化支援事業

・特定緊急輸送道路沿道建築物耐震化促進事業


どの補助金も、積極的に活用しておきたいところです。新型コロナウイルスの感染拡大以降、「おうち時間」が増えてきた方も多いと思われます。これをきっかけに住まいを見直し、より快適な空間へアップデートしてはいかがでしょうか。



東京都世田谷区の川津工務店では、これまで数多くの現場をこなしてきました。豊富な経験に基づき、住まいをよりよいものにするためのご提案から、設計、施工までワンストップで対応可能です。また、施主様のご希望に合わせて、オーダーメイドの家具製作などにも対応しています。ご自宅のリフォームをご検討中の方は、何でもお気軽にご相談ください。


川津工務店が手掛けた施工事例はこちら

https://www.kawatsukoumuten.com/works