除菌水で何もせずにきれいを保つ!TOTOの最新技術搭載トイレ

 



みなさんは、どのくらいの頻度でトイレの掃除をしていますか? 正直なところ、トイレ掃除が苦手であまりやっていないという方も多いのではないでしょうか。しかし、放っておくと汚れや尿石がこびりつき、さらに掃除がしにくくなってしまうでしょう。そこで今回は、「きれい除菌水」によってきれいなトイレを保ち、掃除の負担を減らす技術をご紹介します。




■きれい除菌水は「きれいを維持していく」のが目的



きれい除菌水は、トイレのトップメーカー・TOTOが展開しているクリーン技術です。水道水を電気分解して生成する、次亜塩素酸を含んでいます。次亜塩素酸は除菌や漂白の機能を持ち、時間が経つと水に戻るため安全性が高く、人体や環境への影響も小さいのが特徴です。TOTOからは、きれい除菌水の生成ユニットを搭載したトイレやシステムキッチン、洗面台が発売されています。


きれい除菌水が作られた背景には、「汚れたらきれいにするのではなく、きれいを維持していく」という考え方がありました。実はきれい除菌水は、もともとウォシュレットのノズルをきれいにするために開発されたもの。それが便器内の汚れにも有効だと判明したため、効果的に便器に散布することで、汚れること自体を防ぐシステムが誕生したのです。非常に合理的な思考に基づいているといえるでしょう。




■きれい除菌水は汚れの発生を防ぎ、お掃除の回数を減らす


きれい除菌水は、どのようにして便器をきれいな状態に保つのでしょうか? それはもちろん、名前通り「除菌」です。TOTOが「トイレの中で気になるところ」を調査した結果、1位は「便器内の汚れ」でした。それを受けて、いわゆる「輪じみ」や「黄ばみ」を分析したところ、菌が変化したものだとわかったのです。


それならば、きれい除菌水によって便器内を定期的に除菌することで、汚れの発生を防げるのではないか。この予想は的中し、きれい除菌水を搭載したトイレは、きれいな状態を長く保つことに成功しました。実際の商品では、トイレの使用前と使用後、さらに8時間使用されなかった場合にきれい除菌水のミストを噴霧しています。



そして、きれい除菌水の効果は、ただお掃除の回数や時間を減らせるだけではありません。お掃除の回数が減れば節水につながり、洗剤の量も減らすことができます。つまり、経済的な負担を抑えるとともに、環境への負荷も軽減できるのです。ストレスもなくなり、日常生活がきっと楽しくなるでしょう。




■「きれい除菌水」を搭載しているおすすめモデル


それでは、実際に「きれい除菌水」を搭載しているおすすめのモデルを見ていきましょう。ぜひ、ご自宅のトイレをリフォームする際の参考にしてください。



✓トイレーネオレスト AH・RH・DH-


ひとつ上の「きれい」を目指したトイレです。きれい除菌水に加え、セフィオンテクト加工やトルネード洗浄など、汚れの付着を徹底的に抑える機能が搭載されています。


フチのない形状により、お掃除はとても簡単。タンクレスデザインなのであまりスペースを取らず、節水・節電性能もばっちりです。



✓ウォシュレット®-アプリコットー



凹凸や段差を極力なくした、フラットな形状が特徴のウォシュレット付き便座です。その形状とワンタッチ着脱により、お掃除の負担を大幅に軽減。便座コードはトイレ本体に内蔵されているため、お掃除の邪魔になりません。水玉の形状や速度にまでこだわるなど、ウォシュレット機能自体も非常に高いものとなっています。




■まとめ



「汚れているから掃除しなければならないのはわかっている。でも、汚れているからこそ触りたくない」。トイレ掃除が苦手な方は、このようなジレンマを抱えている場合が多いのではないでしょうか。除菌水を活用すれば、トイレがきれいな状態を保ち、お掃除の時間や回数を減らすことができます。ぜひ、「きれい除菌」搭載のトイレを使ってみてください。




■世田谷区の川津工務店ではどんな小さなお悩みでも誠実に向き合います



おうち時間が増えた最近、マイホームの設備はより重要になってきました。マイホームで過ごす時間をより充実させるために川津工務店はどんな小さな依頼も承っております。工務店としてどんな商品があるのか、どんな工事が適切かご相談頂ければプロとしてお応えいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。


川津工務店の事業内容はこちら

https://www.kawatsukoumuten.com/business


画像引用:TOTOウェブサイトより